thinking

  1. 「あなたは生きてきたではないか。」絶食4日間経過:一語一会 -1

    少しずつ、よくなる社会に・・・3月14日に微熱を感じ、翌日には、瞬間38度台に。先月2月下旬にコロナの3回目のワクチン接種を終えている…

  2. 小林美希氏3月8日「国際女性デー」現代ビジネス寄稿2小論から考える女性主体政党創設提案

    少しずつ、よくなる社会に・・・過去何冊かの著書を入手して読んだことがあるジャーナリスト小林美希氏。一昨日3月8日の「国際女性デー…

  3. WANへの投稿と「クオータ制を推進する会」活動と

    少しずつ、よくなる社会に・・・「WAN 特定非営利活動法人ウィメンズアクションネットワーク」の会員に今年度からなっています。今…

  4. ロシアは、自らの手で、パラノイア・プーチンを失脚させることができるか

    少しずつ、よくなる社会に・・・プーチンを、21世紀のヒットラーとでも言うべきモンスターまでにしてしまったロシア。その失敗を多くのロシア…

  5. 年金制度統合による社会保障システム改革:2030年の社会システム改革シリーズ-2

    少しずつ、よくなる社会に・・・WEBサイト「2050 SOCIETY」2020年3月投稿記事紹介-3当サイトの管理者である「O…

  6. ブルシット・ジョブとエッセンシャルワークをめぐる労働観論の意味とは?:<コロナ禍の思想>から考える-…

    少しずつ、よくなる社会に・・・日経が、1月下旬から連載していた<コロナ禍の思想>シリーズ。最終回第7回に、宗教学者であり、現在上智大グ…

  7. 宗教および宗教家、宗教学者に何を期待するか:<コロナ禍の思想>から考える-1

    少しずつ、よくなる社会に・・・日経が、1月下旬から連載していた<コロナ禍の思想>シリーズの最終回第7回に、宗教学者であ…

  8. 少しずつ、よくなる社会に・・・

    少しずつ、よくなる社会に・・・数日前から、運営するブログサイトの日々の記事の初めと終わりに、「少しずつ、よくなる社会に・・・」という言葉を挿入…

  9. 新聞専売店引き継ぎ・廃業からNPO法人コドモミライ事業に!?

    これまで中日と日経各紙を毎日配達してくれていた専売店石垣新聞店が、今日2022年1月31日を最後に、その業務をやめて、明日2月1日から他専売店に引き継ぐことを…

  10. 濱口桂一郎氏著『ジョブ型雇用社会とは何か』:勝手に新書-4

    『ジョブ型雇用社会とは何か 正社員体制の矛盾と転機』濱口桂一郎氏著 いつも利用しているネットショップで、長く欠品だった …

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
写真素材素材【写真AC】
  1. memo

    女性が半数の「新しい資本主義会議」メンバーに、平野未来さん、米良はるかさん・・・…
  2. onologue

    UAE2050年温暖化ガス排出ゼロ、EU北極圏化石燃料開発禁止:環境エネルギーを…
  3. book

    「いま自分の立ち位置に迷うマジョリティ男性に待望の一冊」って意味不明:『マジョリ…
  4. book

    『岸田ビジョン 分断から協調へ』本日発注: 書籍を買うなら日曜日にネットで
  5. 2050society.com

    絶対不可欠の政治システム改革:2030年の社会システム改革シリーズ-1
PAGE TOP