© ONOLOGUE All rights reserved.

202110/3

イオンのパート時給がかなりのレベルに


今日、2021年10月3日の新聞折り込みチラシに、AEONイオンのパートタイマーの求人広告が。
働く時間帯ごとに設定されている時給が適用される方式。
チェッカーや接客を伴う職種、生鮮食品の加工作業を担当する職種は、すべて最低時給が1000円を超えている。

事務作業や品出し作業等の職種の多くは時給960円。
この作業職種も最低時給が1000円を超すことが望ましい。
が、さすがに流通大手のイオン。
この業界の時間給を引き上げるリーダー役になって欲しい。

時給1100円として1日5時間、1週5日間、月間20日間100時間働いて、月収11万円。
1日フルタイム8時間、1週5日間、月間20日間160時間として、月収17万6千円。
月間200時間労働で月収22万円。
賞与なしとすれば、この月収では、社会保険料等の控除があるとやはりまだ厳しい。

2030年頃までには、最低時間給が1250円程度になっていることが目指すべき理想だろうか。
この場合、月間20日間100時間労働で月収12万5千円。
月間160時間労働で月収20万円、同200時間で月収25万円。

パート賃金所得にベーシック・ペンションが加われば

提案している日本独自のベーシックインカム、ベーシック・ペンション生活基礎年金が、専用デジタル通貨で毎月15万円支給されれば、安心して生活を送ることができ、生き方・働き方にも自由度が増すだろう。
仮に、ベーシック・ペンションを2段階に分けて導入するとし、第1段階が毎月7万円とすれば、希望も湧いてくるのではないだろうか。

※ベーシック・ペンションについては ⇒ http://basicpension.jp

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る