© ONOLOGUE All rights reserved.

202110/6

仕事をまだしていなくても内閣支持率を調べて記事にするマスコミの愚

例によって、発足まもなく岸田内閣の支持率をマスコミ各社が調査し記事に、報道に。
前内閣、過去の内閣との比較も。

そりゃ、記事ネタ、報道ネタとしては面白く、興味関心をひくように構成し、活用する格好の機会だろうけど、誰が就任したか、しなかったか、どの派閥出身か、当選回数はどうの、何歳かなど、仕事ができるかどうかには関係ないこと。
それよりも何よりも、就任した先生方が本当にその任の適性・能力、知識・見識、意欲などをもっているのかどうか、仕事をしてみないと分かるはずがない。

まして、各省庁が、首相のもと、どんな新たな政策を打ち出し、国会に提案し、執行するのか、現段階ではなにも分からぬはず。
なのに、支持するかしないかを問う。
調査する方も、回答する方も、いい加減なもの。
もうやめればいいのにと思うが、すべからく習慣化したものを続けることほど楽なことはない。
それが給料になるのだから。

情報の質、価値を考えれば、本来無価値なはず。
平和なんだよね、やっぱり日本は。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る