b-guide

ベーシックインカム専門サイト basicpesion.jp 2021年1月1日開設来の記事アクセス数ランキング・ベスト10

 今年2021年1月1日に開設した、私が提案している日本独自のベーシックインカム、ベーシック・ペンション(生活基礎年金)の実現をめざすとともに、さまざまなベーシックインカムに関する情報や提案、問題点などを取り上げ、理解と改善・実現等を目標とする、専門サイト http://basicpension.jp
 元々は、2020年4月に開設した、2050年の望ましい日本社会の実現をめざすためのウェブマガジンサイト https://2050society.com でベーシックインカムの考察・提案を始め、途中、ベーシック・ペンションとしての提案に切り替え、相当数の記事を投稿するようになっていたもの。
 それからスピンオフさせて、専門サイトとして開設したわけです。

 そのサイトの昨日2021年10月7日までの投稿記事数が155。
 今回、その中から、アクセス数が多い順に10記事を抽出し、以下に紹介します。

<1位>:ベーシックインカム地域通貨県札「房」発行公約:千葉県知事選立候補予定の皆川眞一郎氏 (2021/1/9)


ベーシックインカムの実現を強く提案している 皆川眞一郎氏 が、その考え方に基づいて地域通貨としての県札の発行を公約に掲げて千葉県知事選に立候補。
BIに関心を持つ人々以外からのアクセスもあったかと思います。



<2位>:イギリス救貧法の歴史・背景、概要とベーシックインカム:貧困対策としてのベーシックインカムを考えるヒントとして (2021/1/26)


ベーシックインカムの起源をたどる上で必ず取り上げられる中世から近世・近代におけるイギリスの社会保障・福祉に関する歴史。
その代表的な制度「イギリス救貧法」は、いろいろな意味で重要と考えます。

<3位>:立憲民主党のベーシックインカム方針:ベーシックサービス志向の本気度と曖昧性に疑問 (2021/4/6)


<6位>の記事で示した、日本には、真の意味でのベーシックインカムの導入を政策や公約に掲げる政党がない現実。
 では、実際に各野党はベーシックインカムについてどう考え、社会保障や生活保障、貧困や格差等の問題についてどんな政策で臨むのかを、各時点で確認して記事化。
 これは立憲民主党について。

<4位>:れいわ新選組のベーシックインカム方針:デフレ脱却給付金という部分的ベーシックインカム (2021/4/4)


 立憲民主党に次いでアクセス数が多かったのが、ベーシックインカム実現を公約に掲げたれいわ新選組。
 その内容とは?

<5位>:ミルトン・フリードマンの「負の所得税」論とベーシックインカム (2021/2/19)


こちらもベーシックインカムを論じ、提案する際に必ず取り上げられる「給付付き税額控除」「負の所得税」についての記事。
この考え方での税制改正、所得再分配政策を、日本では、国民民主党などが提案していますし、多くの学者・研究者も提案しています。
因みに、私自身はこれには反対で、真のベーシックインカムを、ベーシック・ペンションとして実現することを提案しています。

<6位>:真のベーシックインカム実現を政策とする政党ゼロから取り組むべき現状と今後 (2021/7/16)

日本の政治政党でも、ベーシックインカムについて語る機会が増えてはいますが、新の意味でのベーシックインカムの導入を政策や公約に掲げる政党がないのが現実。
その現実をしっかり認識した上で、これからベーシックインカム、あるいはベーシック・ペンションの実現をめざして行動すべきか。
原点としての問題提起です。
しかし、この記事に先行して、その時点での野党各党の方針について整理した記事が、ランキングに入っています。

<7位>:ベーシックインカムでなく ベーシックサービスへ傾斜する公明党 (2021/4/28)


 上記の立憲民主党、れいわ新選組についでアクセスが多かったのが公明党。
 同党は、ベーシックサービスの方に関心を寄せているようです。

<8位>:国民民主党の日本版ベーシック・インカム構想は、中道政策というより中途半端政策:給付付き税額控除方式と地域仮想通貨発行構想 (2021/6/6)


 立憲民主党、れいわ新選組、公明党についで読まれたのが国民民主党。

<9位>:ベーシック・ペンション導入に伴う社会保障・社会福祉制度等関連法改定課題体系(2021/1/30)


多くのベーシックインカム論では、社会保障制度全体及び個々の社会保障制度をBI導入でどのように改革するのか、踏み込んだ提案はありません。
それらの関連課題を体系的に把握する上で有効な内容となっています。
お奨め記事の一つです。

<10位>:カナダオンタリオ州ミンカム等ベーシックインカム、実験導入事例紹介-1 (2021/3/6)


BIの実証実験などの事例が書籍やネットで散見されますが、これもその代表的な一つ。
他の記事もぜひ参考にして頂ければと思います。
いずれ事例紹介シリーズもお届けします。

今回は、アクセス数ランキングでしたが、今後、何かしらのテーマを決めて、テーマ別お薦め記事をご案内していきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 「『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論」シリーズ:2021年発刊新書…
  2. 日本の長期エネルギー戦略考察に格好の、森川潤氏著『グリーン・ジャイアント 脱炭素…
  3. 「『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム」シリーズ:2021年発刊新…
  4. 親ガチャ、マルトリートメント、ヤングケアラー:子どもを主体とする支援センターの必…
  5. EBPM書としての評価は?:柴田悠・山口慎太郎両氏の<子育て支援経済論>シリーズ…

関連記事

  1. b-article

    日本のBI論の古典、小沢修司氏によるベーシック・インカム論シリーズを開始

    運営する2つのWEBサイト、それぞれで10月からの新しいシリーズを始…

  2. b-guide

    ルトガー・ブレグマン『隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働』(2017年…

    <ベーシックインカム書から考えるBI論>紹介考察記事シリーズ-3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料デザインテンプレートなら【エディターAC】

最新の記事

無料イラスト素材【イラストAC】
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
写真素材素材【写真AC】
  1. book

    濱口桂一郎氏著『ジョブ型雇用社会とは何か』:勝手に新書-4
  2. 2050society.com

    鈴木宣弘氏著『農業消滅』から:2021年発刊新書考察シリーズ振り返り-6
  3. 2050society.com

    他サイト投稿記事を2020年4月開設サイト「2050 SOCIETY」へ誘導
  4. 2050society.com

    「『日本の食と農の未来』から考える」シリーズ:2022年シリーズ記事紹介-1
  5. onologue

    ロシアは、自らの手で、パラノイア・プーチンを失脚させることができるか
PAGE TOP