© ONOLOGUE All rights reserved.

202210/28

苫米地英人氏・西野卓郎氏のベーシックインカム論:2022年書籍記事シリーズ紹介ー5

少しずつ、よくなる社会に・・・

『ベーシックインカムへの道』『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』等ベーシックインカム関連書3冊購入(2022/10/1)

従来、新たに入手したお奨め新書等は、当サイトでまず紹介し、その後で、https://2050society.com か http://basicpention.jp どちらかの Webサイトで考察など展開するのですが、10月の課題図書とした以下の3冊は、どちらもベーシックインカムに関する書。

1)『ベーシックインカムへの道 ―正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』(ガイ・スタンディング氏著・池村千秋氏訳、2018/2/10刊・プレジデント社)
2)『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』(西野卓郎氏著、 2021/5/28刊、幻冬舎ルネッサンス新書)
3)『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』(苫米地英人氏著、2021/12/16刊、サイゾー社)

従い、ベーシック・ペンション専門サイトに冒頭記事を投稿し、苫米地氏論、西野氏論そしてガイ・スタンディング氏論という順に今月読み進み、読み終えた順に取り上げて、シリーズ化に取り組んできています。

苫米地氏著<デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』>シリーズ

10月12日までに、苫米地氏BI論、<『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』より>シリーズを以下の3回で終了。

<第1回>:ベーシック・ペンションと苫米地氏デジタル・ベーシックインカムとの類似点:『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』より-1(2022/10/7)
<第2回>:日銀の通貨発行権によるQE量的緩和をベーシックインカムの財源に:『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』より-2(2022/10/10)
<第3回>:無税国家論よりも重要な、財源不要のデジタル・ベーシックインカム論の理解:『デジタル・ベーシックインカムで日本は無税国家になる!』より-3(2022/10/12)

西野卓郎氏著<『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』>シリーズ

昨日10月26日までに、以下の序論+3回の<『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』より>シリーズで、西野氏BI論を終えています。

<序>:◆ 西野卓郎氏著『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』の特徴と紹介シリーズ方針(2022/10/14)
<第1回>:ベーシックインカムの内容と財源:西野卓郎氏著『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』より-1(2022/10/24)
<第2回>:ベーシックインカムの意義及び安全保障機能:西野卓郎氏著『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』より-2(2022/10/25)
<第3回>:ハウジングファースト、ベーシックサービスの機能と課題、ベーシックインカムとの関係:『ベーシックインカムから考える 幸福のための安全保障』より-3(2022/10/26)

以上、ご興味ご関心をお持ち頂けましたら、ご一覧頂きたく、宜しくお願いします。

11月、ガイ・スタンディング氏著<『ベーシックインカムへの道 ―正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』>シリーズに取り組みます

残るガイ・スタンディング氏による『ベーシックインカムへの道 ―正義・自由・安全の社会インフラを実現させるには』も一応読み終えていますが、シリーズ化して紹介と考察は、11月に取り組む予定です。
12章からなりかなりのボリュームのある、ベーシックインカムの教科書とも言える書ですが、章立てに拘らずに、私なりの優先順をつけ、取り組み方針等を序論に配置し、6~9回程度のシリーズに納めたいと考えています。

少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る