© ONOLOGUE All rights reserved.

202210/29

国税庁を騙るフィッシングメールに、WEBサイトハッキングで身代金要求も

少しずつ、よくなる社会に・・・

以前、3ヶ月ほど前に
フィッシングメール送信者に多額の罰金刑を(2022/7/26)
という記事を投稿し、毎日かなりの数のフィッシング・メールが送られてくることを書いた。
その後も増えるばかりだが、2週間ほど前からは、なんと国税庁を騙るメールが、毎日送られてくるようになった。

税金未納での督促メールだが、ご丁寧に、納付期限をメール送付日に(多分自動的に)都度変更して送りつけてくる。
以下のような内容。

日本語翻訳ソフトを使っていると思われる変な文章。
初期のメールも以下のようにほんの一部違っているもの。

詐欺バレバレなのですが、騙される人もいるのかと。
こういうフィッシングメールを調査し、罰則適用まで持ち込んでくれる公的機関が、コストが掛かるが必要とやはり思う。
高額の罰金刑を法制化して。

WEBサイト(人)質の脅迫メールが

そして、今週に入ってから、運営する2つのWEBサイトのハッキングでの身代金要求メールが、初めて送られてきた。


2つの脅迫メールの内容の違いは、メール発信者と、ビットコイン送付先のアドレスの違いだけ。
最近、四国のある公立病院が身代金を支払ったというニュースがあったばかり。

ごくごく私的に運営しているサイトにどれほどの価値があると思うのか?
というよりも、無差別に、ところ・相手構わず送りつけ、引っかかれば儲けものということか。
サイトの問い合わせ機能を使っての脅迫メール。
最も多いのは、物を売りつけるメールで、今回のことがあり、問い合わせメールを昨日閉鎖。
そのすべては、海外からのものであることは明らか。
さて、本当にWEBサイトを使用不可能にするのかどうか。
気分は悪いが、どう対処すべきかわからず、放置しておこうと・・・。
こうした脅しへの適切な対処の仕方、ご存じの方いらっしゃいましたら、ご教示ください。


少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る