© ONOLOGUE All rights reserved.

202210/30

アサギマダラ・マーカーの広場(FB公開グループ)で移動情報記録:滝山寺で出逢ったアサギマダラ、その後のお話

少しずつ、よくなる社会に・・・

先日、以下の記事
アサギマダラ、フジバカマ、滝山寺。2022年10月のおとぎ話?(2002/10/27)
で10月26日のアサギマダラ体験を投稿しました。

その投稿の前に、誰か、アサギリマダラに関心を持っている人から反応がないか、FBとTwitterにも自動的に投稿されるように、インスタでマーク(標識)入り写真を投稿。
FBでは、いいねを頂きましたが、マークした方の関連からの反応はなし。

次に10月28日(妻の誕生日)に、その誕生日祝いを兼ねての1泊(全国旅行支援)旅行報告投稿に先立って、私たち夫婦と3人の息子たち夫婦だけのFBの秘密のグループに、アサギマダラ遭遇体験を投稿。
すると期待・予想通り、石垣市に住む農学博士夫婦の長男の奥さんから、お祝いメッセージと共に、「アサギマダラ・マーカーの広場」というFB公開グループがあり、そこから、群馬県の上郷農園でマークされた♂の子、と調べてくれた結果のコメントが。

そこで、同グループの「アサギマダラ・マーカーの広場」で、9月28日にマーキングした投稿記事がないかページ内検索したが、確認できず。
そこで、直接このグループに、以下のように投稿。

そして、その後、以下のように、まずこの標識を付けた井上氏から確認と移動情報を追って記録し、連絡頂く旨のコメントがあり、続いて、画像のような書式で作成された移動情報を受領。
なるほど、こういう活動を展開していることを知ったわけです。

初めに、マーキングした場所から、発見され撮影された場所までの距離と所要日数などを記録した【移動情報】が示され、次に、いつどこで、誰が、どのようにマーキングしたかの【標識情報】、その後、発見され再撮影された日時、場所・緯度経度、撮影者名などを記した【再撮影情報】を示したものでした。

なるほど、こういう研究・情報交換グループがあるわけですね。
このグループの現状のフォロアーは1,775人。
私の投稿にも、いいねが続々と来ています。

10月が最も見ることができる時期とか。
このところ各地から投稿され、台湾からの投稿もありますし、アサギマダラが群舞する動画の投稿や、好天で美しい富士山を背景にして翔んでいる姿の画像など、多数・多例見ることができます。

率直な気持ちを述べると、美しい姿・翅に、文字・数字が書かれているのを見ると、美しさが半減すると感じるのですが、こうした長い距離を飛翔・移動していることを知るのは、一種のロマンを感じることでもあります。
いずれにしても、こういう世界があることを知り、体験できたことを喜びたいと思います。


くいなの母、リュウキュウアサギマダラの羽化画像を送ってくれる

なお、「アサギマダラ・マーカーの広場」を教えてくれた、かの農学博士である長男の奥さんは、くいなの母と名乗り、クリエーターとして、昆虫その他ちょっと変わったジョーク系のTシャツ等をデザインし、ネットで販売しています。
どうぞ一度覗いてみてください。
⇒ くいなの母 lit.link(リットリンク)
⇒ くいなの母|デザインTシャツ通販【Tシャツトリニティ】 (ttrinity.jp)
⇒ くいなの母 ( motchin )が厳選したオモイデたち | オリジナルグッズ・アイテム通販 ∞ SUZURI(スズリ) ∞ SUZURI

そのくいなの母さんが、私たち家族だけの秘密のグループでの、アサギマダラのやり取りの中で、家っで飼育していたリュウキュウアサギマダラが羽化した画像を送ってくれました。
彼女の子ども、私たちの8人の孫のうち唯一紅一点で9月17日生まれの女の子が描いた画にとまっている画像です。



もう一つ因みに、私たち夫婦の共通の楽しみは、近くの伊賀川べりでのウォーキングを兼ねた、カワセミ・ウォッチングです。
以下は、この1週間内にスマホ望遠レンズで撮ったものです。


少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る