1. HOME
  2. 2050society.com
  3. 日本の農業、3つの嘘・虚構・誤解(2)
2050society.com

日本の農業、3つの嘘・虚構・誤解(2)

鈴木宣弘氏著世界で最初に飢えるのは日本 食の安全保障をどう守るか(2022/11/18刊:講談社+α新書)。
食料安保について考えるための書として活用する予定ですが、先行して、その中の「第5章 農業再興戦略」で指摘されている<日本の農業の「三つの虚構」>の紹介とその理解を目的に、3回連続でhttps://2050society.com で順次投稿。

1回目は、「日本の農業は、高関税で守られた閉鎖市場」は事実かフェイクか?とテーマとした以下の記事
高関税で守られた閉鎖市場か、日本農業:日本の農業、3つの嘘・虚構・誤解(1)(2023/1/3)

2回目は、「日本は世界から遅れた農業保護国であり、政府が農産物の価格指示政策を取っている」は事実かフェイクか?をテーマとして、以下の記事を投稿しています。
⇒ 日本は代表的農業保護国か、農業自由化モデル国か?:日本の農業、3つの嘘・虚構・誤解(2)(2023/1/5)

いずれ食料安保考察にまとめる上での基本知識の一つにあたるメモと言えるでしょうか。
チェック頂ければと思います。

20年、30年後の社会を生きるあなたへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。