book

あの右派月刊誌は、岸田総裁体制下でも「高市早苗」イチオシ方針


岸田総裁が誕生したことで、今後どんな編集方針を打ち出すか関心をもって待っていた右派月刊誌の一つ「Will」。
その12月号の新聞広告が今日、日経と、そしてあの望月衣塑子記者が活動する東京新聞の東海地区版とも言える中日新聞にも掲載された。
冒頭の画像がそれ。

今週末に迫った衆議院選挙でどのような結果が出るか。
普通に考えれば、その結果によって当分の編集方針が決まるのだろうが、それ以前の発売なので、どう繋ぐか。

岸田総理に関する関する記事を、一番初めに「緊急インタビュー 岸田文雄総理」として、<中国には毅然><増税はしない>というあっさりした扱い。

これに対して、「高市早苗」関連記事3本、「河野太郎」関連記事2本を告知。
無論前者は、いずれ女性総理誕生を期待する、というか、次は「高市」と指名・指定するかの取り扱い。
・<総裁選「高市早苗総裁」にスイッチが入った瞬間>
・<高市早苗 まだまだ吹かせますよ、高市旋風!>
・<高市さんだから言える「中国は敵」> という具合。

後者は、もちろん、大批判、総理にしなくて大正解!の論調。
その中に、<自民に巣食うリベラル勢力をどこまで払拭できるか>の文言。

実は、岸田総理の打ち出した「成長と分配」「新しい資本主義」「分断と協調」という政策は、右派には断じて許せないことのはず。
当然、リベラルと見紛う政策。
それ故に、衆議院選の結果次第で、岸田批判を大展開する可能性が極めて高いはず。
それを暗示する記事の紹介があった。
<「矢野論文」は岸田倒閣の一糸>という経済学者田中秀臣による記事。
もう一つは、<原子力政策 岸田総理は決断を>という記事紹介。

衆議院選前からこんな状況で、先が思いやられる。



もう一つの右派月刊誌「HANADA」の12月号。
その表紙はどうか。

<岸田文雄総理 憲法改正宣言!> を一応トップに配しているが、すぐ隣に
<高市早苗 ✕ 櫻井よし子 日本人の生命を守る燃えるような思い> が来る。

その他の大半は、野党批判記事だが、そこに紛れて、やはり河野太郎批判の
<「日本端子」と河野太郎>という記事。



自民党自らの多様性を示す、ある意味リベラル性をもつ右派誌。
というのはもちろん冗談だが、いずれにしても、こうした右派月刊誌が、それなりに読まれている日本は、言論の自由が保証された健全な国というべきか、否か。

10月31日の審判結果での両誌の2022年1月号がどうなるか。

まあ、ここでは余分なことだが、Will では、<皇統の危機 最悪の末路へ!>として組んだ件の関連記事も示している。
そこまでやる必要があるものか、と・・・。

これも関係ない話だが、リベラルにはこうした右派論壇による月刊誌が出てこないのも考えてみれば不思議でもあり、当然でもあるという、面白い日本という国。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 山口慎太郎氏著『子育て支援の経済学』:勝手に新書-7
  2. 2020年3月~6月のベーシック・インカム初期考察論:2020年ベーシックインカ…
  3. 「山田昌弘氏著『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』で考える絶対不可欠のBI論…
  4. 小沢修司氏著『福祉社会と社会保障改革 ベーシック・インカム構想の新地平』(200…
  5. 「『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム」シリーズ:2021年発刊新…

関連記事

  1. b-guide

    『貧困・介護・育児の政治 ベーシックアセットの福祉国家へ』(2021年刊)より:<ベーシックインカム…

    <ベーシックインカム書から考えるBI論>紹介・考察記事シリーズ-5…

  2. b-article

    岩田正美氏著『生活保護解体論』:勝手に新書-5

     昨年2021年12月中旬から読み始めたがなかなか…

  3. diary

    時間軸という見えない軸を、今、考えてみる

    少しずつ、よくなる社会に・・・1週間ほど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料デザインテンプレートなら【エディターAC】

最新の記事

無料イラスト素材【イラストAC】
2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
写真素材素材【写真AC】
  1. onologue

    仕事をまだしていなくても内閣支持率を調べて記事にするマスコミの愚
  2. 2050society.com

    絶対不可欠の政治システム改革:2030年の社会システム改革シリーズ-1
  3. b-article

    新シリーズ「『CBDC中央銀行デジタル通貨の衝撃』から」開始準備完了!?
  4. onologue

    COP26 石炭火力廃止46ヵ国合意に対し、資源乏しいこと理由に日本不参加の恥
  5. 2050society.com

    新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革:WEBサイト「2050 S…
PAGE TOP