© ONOLOGUE All rights reserved.

「『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム」シリーズ:2021年発刊新書考察シリーズ振り返り-1

2021年も最終月。
残すところ2週間に。
当サイト管理者が運営する他の2つのサイトで展開した、新刊新書を中心に取り上げたシリーズを抽出し、それぞれのサイトの運営方針・目的に沿ってのこの1年の投稿活動を振り返ります。

今回は、5月に4回に亘って投稿した、松尾匡・井上智洋・高橋真矢氏共著による 『資本主義から脱却せよ~貨幣を人びとの手に取り戻す~』(2021/3/30刊)を課題とした「『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム」シリーズ。

以下の4回投稿しました。

1.資本主義リアリズム、加速主義、閉塞状態にある資本主義の正し方:『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム-1(2021/5/7)
2.知らなかった、民間銀行の濡れ手で粟の信用創造:『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム-2(2021/5/9)
3.信用創造廃止と貨幣発行公有化で、資本主義と社会はどうなるのか:『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム-3(2021/5/11)
4.資本主義脱却でも描けぬ理想社会:『資本主義から脱却せよ』から考える社会経済システム-4(2021/5/13)

このシリーズは、望ましい2050年日本社会の構築を目的として運営するWEBマガジンサイト https://2050society.com で展開しましたが、比較的よく読んで頂いています。
左翼・リベラル派の経済学者による書ですが、ベーシックインカム論としての書でもあり、ベーシックインカム専門サイト http://basicpension.jp で取り上げてもよかった書でもあります。

タイトルのみ整理すると
資本主義リアリズム、加速主義、閉塞状態にある資本主義の正し方
知らなかった、民間銀行の濡れ手で粟の信用創造
信用創造廃止と貨幣発行公有化で、資本主義と社会はどうなるのか
資本主義脱却でも描けぬ理想社会
という展開となっています。

なおこのシリーズは、ほぼ同時期に読んだ3冊の新刊新書をひと括りにした「これからの日本の政治と経済について考えるシリーズ」の一つとしたものでした。

・『資本主義から脱却せよ~貨幣を人びとの手に取り戻す~』(松尾匡・井上智洋・高橋真矢氏共著::2021/3/30刊)
・『人新世の「資本論」 』(斉藤幸平氏著:2020/9/22刊)
・『いまこそ「社会主義」 混迷する世界を読み解く補助線 』(池上彰・的場昭弘氏共著:2020/12/30刊)


なおそこでも包括的な以下の序論を投稿しています。
資本主義、資本論、社会主義から考えるコロナ後の日本の政治・経済・社会(2021/4/19)
経済重視の左翼対脱経済のコミュニズム:資本主義をめぐるこれからの政治と経済(2021/4/20)

その中の斎藤幸平氏に拠る『人新世の「資本論」 』のシリーズについては、既に当サイトで2021/11/24に以下で紹介済みです。
斎藤幸平氏著『人新世の「資本論」』紹介・考察シリーズ記事案内
併せてチェック頂ければと思います。


岸田政権が掲げる「新しい資本主義」や「成長と分配」政策が、実際に機能するのか、実現するのか。
上述した反資本主義、反緊縮主義の流れや勢いが、オミクロンで第6波のコロナ感染拡大も懸念される2022年に、自公政権のもとどのように変化するか。
第三者的な模様眺めに終わることなく、新たな年も問題意識を持ち、新刊書にも目配りして迎え、臨みたいと思っています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る