© ONOLOGUE All rights reserved.

202112/19

「『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論」シリーズ:2021年発刊新書考察シリーズ振り返り-2


今年2021年、当サイト管理者が運営する他の2つのサイトで展開した、新刊新書を取り上げて考察するシリーズ。
その振り返りからいくつかのシリーズを紹介するシリーズ、第2回です。

今回は、山田昌弘氏の著『新型格差社会』(2021/4/30刊)を取り上げた<『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論>シリーズです。



当シリーズは、以下の5種類の格差課題についての考察シリーズです。

「家族格差」拡大・加速化対策としてのベーシック・ペンション:『新型格差社会』から考える格差・階層社会化抑止のBI論-1(2021/5/8)
「教育格差」対策としてのベーシック・ペンション:『新型格差社会』から考える格差・階層社会化抑止のBI論-2(2021/5/10)
「仕事格差」対策としてのベーシック・ペンション:『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論-3 (2021/5/12)
「地域格差」対策にも有効なベーシック・ペンション:『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論-4(2021/5/14)
「消費格差」の本質は所得格差。ベーシック・ペンションが必然の対策:『新型格差社会』から考える分断・格差抑止のBI論-5(2021/5/16)



前回の紹介シリーズ第1回に倣って、そのテーマ部分だけ書き写すと以下の展開になります。
「家族格差」拡大・加速化対策としてのベーシック・ペンション
「教育格差」対策としてのベーシック・ペンション
「仕事格差」対策としてのベーシック・ペンション
「地域格差」にも有効なベーシック・ペンション
「消費格差」の本質は所得格差。ベーシック・ペンションが必然の対策

ベーシック・ペンションは、当サイト管理者が、https://basicpension.jp 及び https://2050society.com で提案している日本独自のベーシックインカム、ベーシック・ペンション生活基礎年金のこと。
コロナ禍を始めとしてこのところの社会経済の停滞に伴い、これまでの格差問題が大きくなり、新たな格差社会を出現させることになったとする主張とそれに対する対策を論じた同書。
その著者山田氏は、その対策にベーシックインカムの導入を掲げているわけではありません。
またその発想自体お持ちではありません。

同氏が種々提起する対策が有効であるとは評価できず、ベーシック・ペンションがそこで全てに有効ということではありませんが、格差問題の議論に一種の緩衝となるでしょうし、より具体的な対策の議論・提案に向かって、一歩前に進む手段・方策になると考えています。

社会政策、社会保障政策を論じる時、どうしても感覚的・情緒的な方法・方策でお茶を濁されがち。
そこに現金給付あるいは専用デジタル通貨の給付で、格差解消のための具体的な取り組みが、個人や組織、地域単位に可能になると考えての本シリーズでした。

このシリーズの後、山田昌弘氏の別の新刊新書についてのシリーズも展開しました。
次回、紹介します。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 12月 26日

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る