© ONOLOGUE All rights reserved.

20222/22

新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革:WEBサイト「2050 SOCIETY」2020年3月投稿記事紹介-1

少しずつ、よくなる社会に・・・

当サイトの管理者「Ohno Haruo 大野晴夫」が、2020年4月に開設した https://2050society.com
その開設の事情・経緯についての記事
WEBサイト「2050 SOCIETY」2年前2020年4月開設の経緯(2022/2/20)
を一昨日紹介した後
他サイト投稿記事が2020年4月開設サイト「2050 SOCIETY」へ誘導(2022/2/21)
で、当サイトの軸となる方針・方向付けが確かなものになるきっかけを紹介。

サイト「2050 SOCIETY」開設に伴って廃止した sedairon.site に、2020年初めに投稿した記事紹介でしたが、それを起点として複数のシリーズ記事を旧サイトに投稿していました。
それらは、新サイトの序章的な意味合いをもつものでした。

今回まず、最初のシリーズとなった「新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革」と題した以下の2つの記事を紹介します。
以下のリンクから確認頂けます。

第1回>:新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革-1(2020/3/3)
第2回>:新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革-2(2020/3/4)

この2回の記事を連続させて、それぞれでのサブテーマを並べると以下のようになります。

1)大規模な在宅勤務、テレワーク化が引き起こす、リアルな働き方改革と暮らし方変革、社会経済システム改革
2)在宅勤務、テレワークの定着で本社オフィスビル不要、都心集中化回避へ
3)在宅勤務・テレワークの定着は、暮らしと生き方を大きく変える。仕事と○○の両立は、困難な課題ではなくなるか?
(以上、第1回記事分。以下第2回記事分)
4)集客型ビジネスのあり方を変えるコロナウイルス禍
5)小売業・飲食業のネット化が加速し、雇用機会・就労機会が失われる
6)その地から移転できない観光業・レジャー業は、ビジネスモデルを変えることができるか?
7)日常生活の中でも可能な、想定外にも備えた働き方・暮らし方を

新型コロナウイルス禍が引き起こす社会経済システム改革

「引き起こす」というよりも「きっかけとして考えるべき」社会経済システムとしたほうが適切であったかな、といえるかと思う、あまりインパクトのない内容でした。
社会経済システム改革を語るには底が浅く、単に、個人の主体的な働き方・生き方改革の必要性を提起するにとどまっています。
しかし、コロナ禍ゆえにこうした認識が必要と考えたわけではなく、日常においてその方向は、すでに「想定外の想定内化」として認識すべきということに着目したわけです。
これは、IT化、AI社会化を想像することとも軌を一にするものでもあります。

この漠然とした単純な思いを一歩前に進めた改革提案が、次回の記事紹介になります。

                       少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る