© ONOLOGUE All rights reserved.

202212/5

成田悠輔氏著『22世紀の民主主義』から考える:2022年書籍記事シリーズ紹介ー6

少しずつ、よくなる社会に・・・


知らなかった私自身を恥じるべきか、天才成田悠輔氏の新刊『22世紀の民主主義』:勝手に新書-20(2022/7/18)という新書紹介ブログで今年7月に取り上げ、シリーズ化を報告した、成田悠輔氏著『22世紀の民主主義 選挙はアルゴリズムになり、政治家はネコになる』( 2022/7/6刊・SB新書)。

報告が遅れましたが、1ヶ月前に、プロローグを含めると、以下のとおり7回にわたったシリーズを終えています。

<プロローグ>:『22世紀の民主主義』実現の前にやるべきことがある:2050年の政治と民主主義-1(2022/8/4)
<第1回>: 闘争か、逃走か、構想か?どう民主主義に立ち向かうか:2050年の政治と民主主義-2(2022/8/4)
<第2回>:民主主義は、現在故障しているのか?:2050年の政治と民主主義-3(2022/8/11)
<第3回>:政治家・選挙・メディアいじりが民主主義との闘争になりうるか?:成田悠輔氏著『22世紀の民主主義』から考える-3(2022/10/13)
<第4回>:逃走ではなく、迷走してしまった民主主義:成田悠輔氏著『22世紀の民主主義』から考える-4(2022/11/1)
<第5回>:アルゴリズムによる無意識民主主義と万華鏡民意データ入力フェーズ:成田悠輔氏著『22世紀の民主主義』から考える-5(2022/11/2)
<第6回>:政治家不要の無意識民主主義で意識しておくべきこと:成田悠輔氏著『22世紀の民主主義』から考える-6(2022/11/4)

当然のことですが、ベストセラーとなり、現在も売れ続け、成田氏自身のマスコミ等露出度も一層高まっていますが、本書に関しての私の読後感は、さほど強いものにはなりませんでした。

次回紹介しますが、その後、9月下旬に発刊された高橋弘樹氏編『天才たちの未来予測図』(2022/9/29刊:マガジンハウス新書)では、成田氏が4人取り上げられている天才の一人に。
若い世代にあって、今後どのようなリーダーシップを発揮していくのかという観点で注目している一人ですが、今後どうなっていくでしょうか。
古市憲寿氏とは全く違うタイプなのですが、マスコミ的には同氏と同類の立ち回り、扱いになっていくのでしょうか。

私たちと同年輩(前後)の著名経済学者や社会学者も、新進気鋭の若手○○学者と昔は形容されたのですが、多くは御用学者的立場になってしまったか、一応リベラルをまといつつも、著書を出せば一応そこそこ売れた、売れているのでしょうが、政治的なリーダーとして社会経済制度変革に具体的に寄与・貢献することなく、高齢者世代に入ってしまっているのが現実です、(失礼!)でしょう・・・。

成田氏と同世代の人たちは、どのようにこの書を読んだのでしょうか・・・。

少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

20232/6

【『世界インフレと戦争』から考える2050年安保とベーシック・ペンション】シリーズー11、最終回終了!

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/5

『誰が○○を殺すのか』、誰がそれを許したのか

ぼーっと生きてるせいかどうか分からないが・・・。2,3日前に、並べて立てていた数冊の新書のうちの2冊が、同じようなタイトルだっ…

20232/4

生活基礎安保・社会保障安保としてのベーシック・ペンションを確認する

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12/…

20232/3

異次元の金融緩和、アベノミクス、現状の米国インフレ対策を経済学はどう見るか

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦時経済への道』(2022/12…

20232/2

3年前から始めたスマホ望遠レンズでのカワセミ撮影

近くを流れる伊賀川沿いのウォーキング時に見かけ、魅せられたことから始めたスマホでのカワセミ撮影。 単に撮って…

20232/2

「恒久的戦時経済」とは何か?

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 全11回を予定して続いている、中野剛志氏著『世界インフレと戦争 恒久戦…

20232/1

2月課題新書。食料安保と関係する2冊と日本の未来書:『日本が飢える!』『誰が日本の農業を殺すのか』『2040年の日本』

20年、30年後の社会を生きるすべての世代へ 昨年夏までは、入手した新刊新書を「勝手に新書」と題して紹介してい…

ページ上部へ戻る