2020年10月実施の初期ベーシック・インカム法案の問題点再検討・考察:2020年ベーシックインカム考察からベーシック・ペンション提案までのプロセス-4

2050society.com

少しずつ、よくなる社会に・・・

写真素材無料【写真AC】

先月中旬、ベーシック・ペンションの2022年版提案を、<2050年日本独自のベーシックインカムJBPC完全実現に向けての2022年提案>シリーズとして、専門WEBサイト http://basicpension.jp で以下のようにまとめました。

<第1回>:ベーシック・ペンション法(生活基礎年金法)2022年版法案:2022年ベーシック・ペンション案-1(2022/2/16)
<第2回>:少子化・高齢化社会対策優先でベーシック・ペンション実現へ:2022年ベーシック・ペンション案-2(2022/2/17)
<第3回>:マイナポイントでベーシック・ペンション暫定支給時の管理運用方法と発行額:2022年ベーシック・ペンション案-3(2022/2/18)
<第4回>:困窮者生活保護制度から全国民生活保障制度ベーシック・ペンションへ:2022年ベーシック・ペンション案-4(2022/2/19)

これを一つの区切りとして、2020年及び2021年のベーシックインカム及びベーシック・ペンションに関する投稿記事を遡って初期段階から順次、確認する作業に取り組んでいます。


まずは、2020年に、https://2050society.com で取り組んだ、ベーシックインカム考察開始から、日本独自のベーシックインカム、ベーシック・ペンション生活基礎年金案のとりまとめまでの振り返り。
2020年の取り組みは、6段階(ステップ)に区分して、2021年1月に開設した専門サイト http://basicpension.jp で一度整理しているのですが、それを元にして振り返ることにしています。

ここまでの振り返りは
2020年3月~6月のベーシック・インカム初期考察論:2020年ベーシックインカム考察からベーシック・ペンション提案までのプロセス-1(2022/3/5)
2020年6月~8月のベーシック・インカム多面的考察論:2020年ベーシックインカム考察からベーシック・ペンション提案までのプロセス-2(2022/3/6)
2020年9月の初期ベーシック・インカム法案作りトライアル:2020年ベーシックインカム考察からベーシック・ペンション提案までのプロセス-3(2022/3/16)
の3回。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3035504_m-1024x683.jpg


今回は、第4ステップで、先にトライアルとしてまとめたベーシック・インカム法案における種々の問題点や課題についての再考察作業に充てた、2020年10月の投稿記事リストを以下に紹介します。

2020年10月(第4ステップ):<ベーシック・インカム法案再考察>シリーズリスト


 2020年10月に20回を費やして、初期のベーシック・インカム法案に残る問題点や課題について、再考察に取り組みました。
 単純に、便宜的に、上旬・中旬・下旬に3分割しています。

<2020年10月上旬>
1. 基本的人権基盤としてのベーシックインカム制導入再考察と制度法案創り(2020/10/1)
2. ベーシックインカムの定義再考察:JBIとは(Japanese Basic Income)(2020/10/2)
3. 財源問題、所得再分配論から脱却すべき日本型ベーシックインカム(2020/10/4)
4. 日本型ベーシックインカム実現をめざすカウンター・デモクラシー・ミーティングを開設!(2020/10/5)
5. BIは、日本国内のみ利用可、使途・期間限定日銀発行デジタル通貨に(2020/10/6)
6. ベーシックインカム生活基礎年金月額15万円、児童基礎年金8万円(2020/10/8)
7. ベーシックインカム生活基礎年金15万円で社会保障制度改革・行政改革(2020/10/9)
8. ベーシックインカム生活基礎年金、段階的導入の理由と方法(2020/10/10)

<2020年10月中旬>
9. 実現シナリオ欠落の理想的ベーシックインカムの非社会性(2020/10/11)
10. ベーシックインカムの特徴と魅力、再確認・再考察(2020/10/13)
11. ベーシックインカム導入で健康保険・介護保険統合、健保財政改善へ(2020/10/14)
12. ベーシックインカムとコロナ禍の政府債務膨張、デジタル人民元実験との関係(2020/10/15)
13. コロナ禍がベーシックインカムの必要性・不可欠性を証明(山森亮教授小論より)(2020/10/16)
14. ベーシックインカム中央銀行通貨発行論者SS氏との仮想対話(2020/10/17)
15. 日本型ベーシックインカム実現に思想家、哲学者、歴史家、学者は要らない。必要なのは(2020/10/19)
16. ベーシックサービス対ベーシックインカムの戦い?(2020/10/20)

<2020年10月下旬>
17. コロナ禍の政府債務膨張とIMF方針転換はベーシックインカムへの追い風(2020/10/28)
18. ベーシックインカム専用デジタル暗号通貨化可能性の有無、導入の可否(2020/10/29)
19. ベーシックインカム財源論争、支給額論争の合意形成に向けて(2020/10/30)
20. ベーシックインカム、モラル論争にも終止符を打ち、安心希望社会の実現へ(2020/10/31)


各記事を再確認すると、冒頭述べた、2022年版ベーシック・ペンション法案に確実に反映され、結びついている検討・考察がかなりあります。
もちろん、この最新2022年版でも解決できていない課題も残ってはいますが。
財源問題、専用のデジタル通貨化課題、その管轄・管掌課題、社会保障制度体系との関係など・・・。

しかし、いずれにしてもここまでの作業で、かなりベーシック・インカムに関する議論・考察はそれなりのレベル・範囲で進めてきたのではないかとおさらいできます。
次回は、ベーシックインカムに反対する意見について、ピンポイントで論じた段階を紹介します。

なお、本稿と同様の主旨で、http://basicpension.jp 立ち上げ時、以下の記事で振り返りを行っています。
⇒ ベーシックインカム生活基礎年金案を再考察:第4ステップ2020年10月(2021/1/6)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3372364_m-1024x768.jpg

                       少しずつ、よくなる社会に・・・

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP